Menu

どの基準でプロジェクターを決める? ルーメン

プロジェクター・projectorを、テレビの代わりに活用するという方々もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような人たちは、ランプ寿命もしっかりチェックすべきポイントです。

それぞれ機種ごとに最大使用可能時間が表記されてあって、プロジェクター・projectorの耐久性の目安とすることが出来ます。

アウトドアでそのようなプロジェクター・projectorを活用したいという人たちもいらっしゃることでしょう。そのような人たちは、しっかりプロジェクター・projectorのバッテリーの駆動時間もチェックが必要です。

プロジェクターレンタルはAZA

ルーメンで選ぶ

プロジェクター・projectorにとって、ルーメンは大事な要素です。

1000ルーメン以下のプロジェクター・projectorは、モバイルプロジェクターに多く採用されています。

取り敢えずプロジェクター・projectorは大画面がいい、リーズナブルなプロジェクター・projectorはないか……という人たちは、この程度のルーメンでいいでしょう。

気軽にプロジェクター・projectorを楽しんでいただきたいですね。

1000~2000ルーメン

更に、プロジェクター・projectorには、1000~2000ルーメンのものが販売されています。

1000~2000ルーメンは、家庭用プロジェクター・projectorのメインルーメンと言っていいでしょう。実際に、価格が高いとルーメンの数値が高いということにはならないので、注意してプロジェクター・projectorを見極めるようにしましょう。

高性能なモデルでも、そこそこのルーメンのものがあります。

2000ルーメン以上

そしてプロジェクター・projectorには、2000ルーメン以上のものがあります。

ビジネスシーンでのプロジェクター・projectorが活用されるケースでは、明るい場所で使われるケースも想定出来るので、2000ルーメン以上というのがおすすめポイントです。

おすすめしたいプロジェクター・projector

最後に、みなさんにおすすめしたいプロジェクター・projectorを紹介しましょう。それは、DR.J 小型プロジェクター 2600lm 1080P対応 L8です。

DR.J 小型プロジェクター 2600lm 1080P対応 L8は、明るさ2600ルーメンに対応しているのに、かつリーズナブル価格のお求めやすいプロジェクター・projectorです。

コントラスト比は2000:1設定なので、クリアな画像を楽しむことが出来ますよ。

HDMI入力はフルHD信号に対応。最大170インチの大画面を投影させることが出来ます。

新着記事